305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~

第4話のあらすじ

管理人の須郷は夫のいない305号室に押しかけてくる。

 

篠原楓は必死で抵抗するが、脅されているためなすがままの状態。

 

やがてふたりは寝室で…

 

⇒第4話のまとめはこちらです

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~

 

第5話 寝ている夫の目の前で膣内出しされて…

セックス動画が増えていき、ますます篠原楓は不利な状況になる。

 

なすがまま、毎日のように、篠原楓は管理人の須郷に犯されている。

 

毎日まいにち、須郷のきたないチ○コに犯されている。

 

そして楓は日を経るごとに…須郷のチ○コに感じるようになってきている…

そんな自分自身にも焦りを感じていた…

 

どうにかして管理人室にあるセックス動画削除したい!

そう考える楓だったが、思いもよらない邪魔が入る…

 

なんと楓の夫・篠原柊希はいつの間にか須郷と交友関係を築き、

篠原家に食事に招いていたのだ!!

 

勝手に呼ばないで!と柊希に怒る楓だったが、

もうすでに呼んでしまい、今さら断れるはずもないのであった…

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~

 

ー夜の食卓ー

 

「いやぁ!料理はウマいしすごく若い!自慢の奥さんじゃないですかぁ」

 

須郷は楓のことを褒めて、柊希をおだてる。

 

「年齢は一回り以上離れていますが良妻です」

 

おだてにそのまま乗る鈍い柊希。

 

須郷は柊希が学校の教師で有ること、

可愛い女子高生がいてムラムラしないか?

楓との出会いは生徒だったことなど、

とりとめもない話をしていた。

 

そこに…

 

スッ

 

「!?」

 

テーブルの下から須郷は柊希に気付かれないように、

ピンクローターを楓に差し出した。

 

「つけてこい」と目でうったえる須郷。

それに従うしかない楓…

 

ヴヴヴ…

 

テーブルの下の振動に感じてしまう楓。

とてもつらそうだ、涙を浮かべている。

 

「イッちゃうっ…」

と小さな声で柊希に気付かれないように絶頂を迎える楓。

 

「ん?なんかスッキリした顔してる?」

隣でイッたのに全く気づいていない柊希。

 

その後、須郷は帰るふりをしてクローゼットに隠れた。

 

柊希がソファでウトウトしたまま眠りにつくと、

須郷は動きはじめた…

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~

 

「旦那の前でこんなに濡らして…ドスケベが止まらないですなあ」

「どれ、食後にフランクフルトとヨーグルトはいかがですか?」

楓を追い詰める須郷。

 

「誰が…」

気持ちは抵抗するがカラダはできない楓。

 

そしてソファに楓を四つん這いにさせたまま、

バックから挿入しようとする須郷。

 

「そんなムリ…声出ちゃうから…」

と拒絶する楓。

 

「粗チン野郎に聞かせてやればいいんですよ」

と余裕しゃくしゃくの須郷。

 

ズブブブブ…

 

「くぅううう…!」

 

ついに後ろから挿れられてしまう楓!

 

眼の前には、柊希がすやすやと眠っているが、

もの音を立てるといつ起きても不思議じゃない!!

 

「ずぶ濡れじゃないですかあ!ドスケベですね!!」

 

勢いづいて楓の腕をつかみ、うしろから…

 

バンバン

 

バンバン

 

と猛ピストンする須郷!!

 

それでもなかなか喘ぎ声を出さずに必死に堪えている楓に、

しびれを切らした須郷は今度は…

 

パンパン

 

パンパン

 

パンパンッ

 

と大きな音を立ててさらに激しくピストンする!!

 

「パンパンよりグチュグチュの方がうるさいんじゃないですかあ!!」

 

須郷はやめるスキすら見せない。

 

「…ん…愛してるよ楓」

 

寝言を言う柊希。

 

「わたしもぉぁあああああああ!!!!!」

 

必死に眠っている柊希に応える良妻の楓!!

 

そして須郷は〇〇をしようとして・・・

 

続きは無料お試しで読んでみてください。

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~

 

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~ 第5話 まとめ

まずはひと言わせてください。

 

今回は楓ちゃんが非常に大変な局面でした。

でも夫への献身を保とうと本当に、ほんとうによく頑張りました♥

 

須郷に屈さないでこれからも強くいて欲しいと思います!

 

それから柊希はいくらなんでも鈍感すぎます。

 

眼の前で、あんなに、妻の楓ちゃんが気持ち良さそうにしているのに、

食事のときもソファで寝てしまった後も、気づかないのはかわいそうです。

 

でも楓ちゃんは今回の須郷からの陵辱で、

アヘ顔?というのでしょうか、しながら絶頂を迎えていたりして、

またまた新たなる楓ちゃんの側面を見たと言いますか、

とにかく激しくあえぐ楓ちゃんもとってもかわいいので、

ぜひ読んでみてください!

 

引き続き楓ちゃんの身を案じつつ、

ことの成り行きを見守っていきたいと思っています。

 

次回、夫との久しぶりの〇〇に違和感を感じた楓・・・

 

⇒第6話のまとめはこちらです

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~